?>

まだ朝礼で消耗しているの?朝礼は無駄で意味のない習慣であるという4つの理由

朝礼って毎回、発言することを考えたり、スピーチしたり、面倒だと感じます。
朝礼も状況によりますが、ホワイトカラー系のお仕事をされている人にとっては時間だけを無駄に浪費させる悪習なのではないかと感じます。
なぜそう思うように至ったのか、その理由をこれから解説していきます。

私の朝礼経験

現在はフリーランスで活動をしていますが、会社員時代に勤めていた会社では毎日朝礼がありました。
当番制になっており、当番の人は「職場の教養」という本を音読させられ、その感想を言うのが朝礼においてのルールになっていました。
感想を言うにしても、上司が思う感想と私が発言する感想で共感しない部分があれば、それについて指摘され、上司から非難を受けます。
職場の教養の内容には共感できる部分がある一方、あまり同意できないような内容もあります。
この書籍自体を悪く言うつもりはありません。

職場の教養を音読する時間があったら、1日の仕事スケジュールを頭の中で整理し、業務フローについてまとめる方がよほど効率的といえます。
NEXERがアンケートサイト「ボイスノート」に登録・仕事をしている会員1220人に対して実施した朝礼についてのアンケート調査では、

必要だと思わない: 54.6%
必要だと思う: 45.4%

という結果になっています。
年代や職種・業種ごとに見られたら面白いですが、半分以上が不要と回答しているのが意外でした。
もっと朝礼にどっぷり浸かっていると思ったので。

朝礼を肯定する意見

まず、他サイトから一部引用となりますが、朝礼を肯定する意見をのせてみます。
それに対しての私なりの意見も書きます。

社内の重要事項がシェアされる

重要事項のシェア自体は同意できます。
しかし、それはメール、社内のグループウェア、チャットワーク(あるいはslack)で共有すればいいことです。
朝礼で発表することで情報格差を無くすという意見もありましたが、そもそも情報格差があること自体が問題なのでそのように感じた場合はマネージャ等、上司に相談しましょう。
ただ、工場で仕事をしており、周りがITに不慣れな人ばかりの場合は、重要事項のシェアは納得できます。

社員の士気を高める

朝礼で社員の士気が高まるというのは前時代的すぎる。と私は考えますが、これまで朝礼を習慣的に行ってきた人にとっては必要性のあるものだと感じるかもしれません。
さらに肯定派の意見としては、業績のよい人をみんなで表彰することで、さらに士気を高めるという狙いもあるそうです。

「優秀な社員を表彰する」ということ自体は、わかりますが、それは朝礼でやるようなことではないと考えます。
どうしてもやりたければ、朝の貴重な時間を割くのではなく、朝礼とは別に時間を設けてそこでやれば良いだけです。
それに社員の士気がもっとも高まるのは「高待遇」「大幅な昇給」であることは言うまでもありません。
1日8時間の労働+残業1〜2時間だと想定すると、無賃金で仕事をしているようなものです。
これは大きな問題です。
私が以前、勤めていた会社もそうでした。
朝礼のために早期出社を強要され、無駄な行為(スピーチ、書籍の音読)・精神論ばかりを展開するので士気が上がるどころか士気が落ちましたよ。

コミュニケーションを促進する

朝礼では、メンバー全員が集まることで、普段あまり話をしないメンバー同士であっても、積極的にコミュニケーションをとれるという意見があります。
基本的に多くの朝礼では嫌々やっている人がいる以上、「強制されている雰囲気・環境」なのでそこに良いコミュニケーションが生まれるとは思えません。
そもそも、普段あまり話をしないメンバーと話をする必要があるのでしょうか?
普段、話をしないということは、普段の業務において関わりがないことを意味します。
となれば、普段から関わりのない別チームの人とコミュニケーションをとるよりも、普段から仕事で関わり合いのある同じチーム内のメンバーとのコミュニケーションをより円滑にする方がよほど効率的といえます。


朝礼を行うべきではない理由と問題点

仕事の取り掛かりが遅くなる

この一言につきます。
私が勤めていた会社では20分〜30分かかりました。
社長の話が長くなり、もっとかかる場合も。
その結果、残業せざるを得なくなる可能性が出てきます。
これは会社にとっても損失だし、この時間がなくなれば、朝の貴重な時間を自分のためにかなり有効に使えます。

ちなみに大手企業では、部署、課、係ごとに朝礼があることが多いです。
これで1時間〜2時間以上無駄になります。
もうさ、ツールで済ませてさ、終わりでいいんじゃない?(投げやり)

定量評価を重視しよう

私の経験上、朝礼が好きな人は精神論を展開するばかりで定性評価を重視する傾向があり、無駄が多くなりがちです。
定性評価が悪いわけではありませんが、会社の業績を伸ばすポイントはやはり数字です。
休まずに出社している、長時間残業をしている等の理由だけで人を評価するのはやめましょう。
それだけしかできない人はぶっちゃけ、会社にとって害悪でしかありませんし、周りが感化させられ悪い見本になってしまいます。
ブラック企業が冗長してしまいます。

朝礼のために朝礼をするという間抜けな話

これはどういうことかというと、朝礼ではスピーチをやらされることがあります。
そのために最近の出来事やら、ネタやらを考える必要があるのです。
私は朝礼当番のときにこれを前日から考えていました。
とても会社の業績を伸ばすことに繋がるとは思えません。
スピーチが好きであれば、好きな人同士が集まって飲み会で語れば良いだけです。

業務時間とは別という扱い

会社勤めにおいて、仕事とは自分の労働力を対価として、会社と契約をすることです。
業務時間外に仕事をするということは本来、あってはならない行為です。

始業時刻前の朝礼は労働に該当するでは?

残念ながら、労働基準法第32条の「法定労働時間」に抵触することありません。

弁護士事務所からの引用となりますが、理由は次の通りです。

 始業時刻前の朝礼は,例えば,就業規則等の会社規程により明確に参加が指示され,多くの従業員がこれに従っている場合や,明確な参加の指示がなくても,不参加の場合には査定や賃金において不利益がある場合には,使用者による義務付けがある,又は参加を余儀なくされているといえますので,労働時間にあたると考えられます。
弁護士法人四谷麹町法律事務所 労働問題FAQより

しかし労働法という法律で問題になっていないからといって納得してしまうのは話が違います。
法律のさらに上をいく憲法では、日本国憲法 第13条にある通り、

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

とされています。
本当に不満があるのであれば、ストライキを起こすなり、何らかの行動を起こすことも大事であると考えます。
もちろん、自己責任で。

まとめ

いろいろ書きましたが、世間でブラック企業と呼ばれている会社ほど朝礼を重視する傾向にあると感じます。
これは根本を辿っていくと、日本人が古くから大切にしてきた儒教が悪い方向に影響しているのではないかと考えます。
もちろん、経営者・役員個人の考え方による問題もあるでしょう。

朝礼コンテストなんてものがあるくらい、無駄なことが好きな会社が多いことに辟易するくらいです。
そのようなコンテストで1位をとるよりも、仕事の実績で1位をとりたいですが・・・。

朝礼が習慣化している会社で朝礼を廃止させることは至難の業なので、どうしても嫌な場合は転職も視野に入れましょう。
自分にとって会社が合わないと感じたら、ガンガン転職し、そしてそれを受け入れる世の中になれば、朝礼を行う会社もブラック企業も淘汰されていくことでしょう。